【朝日】名護市議「昔は天皇に角材とか投げつけた。上皇になっても沖縄に向き合って欲しい」
http://matometanews.com/archives/1875099.html

1 : 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:711292139-PLT(13121).net
 天皇の代替わりを、また違ったまなざしで見つめる人もいる。

 沖縄県名護市議の川野純治さん(63)。学生運動家だった1975年7月、沖縄を初訪問した皇太子時代の天皇陛下の車列に向かって、仲間と牛乳瓶や角材などを投げた。車列は無事だったが逮捕され、公務執行妨害罪で懲役1年6カ月の実刑判決を受けた。

(省略)

 事件についてはいま「若気の至り」と反省する。もし機会があれば、当時のことを謝りたい。ただ、天皇への願いは変わらない。「退位され代替わりしても、この沖縄に天皇家として向き合い続けてほしい」(山下龍一)
http://www.asahi.com/articles/ASKCZ5DZ8KCZTPOB005.html

川野純治 - Wikipedia
川野 純治(かわの じゅんじ、1954年(昭和29年)9月22日??- )は、日本の政治家。沖縄県名護市議会議員、日本の新左翼党派の沖縄解放同盟準備会の元活動家、テロリスト。1975年、当時の皇太子・皇太子妃沖縄訪問に抗議し、ひめゆりの塔事件を起こした。熊本県球磨村生まれ??鹿児島県出水市育ち[1]。




続きを読む
【朝日】名護市議「昔は天皇に角材とか投げつけた。上皇になっても沖縄に向き合って欲しい」
http://matometanews.com/archives/1875099.html



斜め読み
トップに戻る